1. ホーム
  2. 林檎の里について
  3. 事業理念・事業方針・事業内容・沿革

事業理念・事業方針・事業内容・沿革

事業理念

一人ひとりの自閉症者の豊かな生活を支えることから、社会全体の福祉の向上を目指します。

事業方針

  • 利用者が地域で暮らせるようにするための支援を積極的に行います。
  • 利用者の身体その他の状況及びその置かれている環境に応じて、更には自閉症支援に特化した施設として、必要な支援を適切に行います。
  • 利用者の意思及び人格を尊重して、常に利用者の立場に立ったサービス提供に努めます。
  • 地域との結びつきを重視し、市町村、保健医療サービス及び福祉サービスを提供するものと連携を図り、総合的なサービスの提供に努めます。

事業内容

社会福祉法人林檎の里は、多様な福祉サービスがその利用者の意向を尊重して総合的に提供されるよう創意工夫することにより、利用者が個人の尊厳を保持しつつ、自立した生活を地域社会において営むことができるよう支援することを目的として下記の事業を行います。

  1. 理事会評議員会の開催
  2. 自閉症支援施設あおぞらの運営(定員40名)
  3. 知的障害者短期入所事業(あおぞら)の運営(定員10名)
  4. 知的障害者共同生活援助事業【グループホーム】の5棟運営(合計24名)
  5. あおぞら日中活動支援センター事業の運営(生活介護)
  6. 相談支援事業の運営

沿革

平成6年9月 北信地区自閉症療育施設設立発起人会「あおぞら」発足
親の会が中心となって、北信地域に自閉症療育を専門とする施設をつくろうという会が発足しました。
平成10年4月 建設地の決定
北信地区内でいくつか候補地がありましたが、現在の場所である三水村に決定しました。
平成11年7月 社会福祉法人林檎の里設立認可
設立認可と同時に施設の建設が始まりました。
平成12年4月 自閉症支援施設「あおぞら」開所
養護学校の卒業生、在宅で暮らしていた方、他の施設で暮らしていた方など50名が入所し、「あおぞら」が始まりました。
平成16年 グループホーム「ひこうき雲」開所
自閉症支援施設「あおぞら」で生活している方から5名地域生活へ移行しました。
平成18年 自活訓練棟「つばさ」開所
自閉症支援施設「あおぞら」で生活している方から3名地域生活へ移行しました。

更生分場事業「にじ」開所(通所、作業)
「ひこうき雲」の利用の方たちの日中活動(作業)の場として開所しました。
平成20年 グループホーム「つばさ」、グループホーム「上駒沢」開所
自活訓練棟「つばさ」をグループホームに移行するとともに、新たにグループホーム上駒沢を開所し、自閉症支援施設「あおぞら」で生活している方から5名地域生活へ移行しました。

あおぞら日中活動支援センター開所
地域で生活されている知的障害をお持ちの方々の日中活動の場を提供する場として開所しました。(併せて分場「にじ」も日中活動支援センターに移行しました)
平成23年 グループホーム「ひまわり」開所
自閉症支援施設「あおぞら」で生活している方から5名地域生活へ移行しました。
平成25年3月 相談支援事業認可
平成26年 相談支援事業「相談支援室 あおぞら」開所
グループホーム「ふなくぼ」開所

社会福祉法人 林檎の里
長野県上水内郡飯綱町大字芋川6013-6
Tel. 026-253-1299  Fax. 026-253-5122