1. ホーム
  2. 自閉症支援施設 あおぞら

自閉症支援施設 あおぞら

自閉症支援施設あおぞらとは

起床から就寝まで、宿泊を伴う1日24時間を通しての衣食住をはじめとする日常生活や日中時間帯の活動を支援する施設です。 「地域で暮らす・普通の暮らし」を目標に、仕事(日中活動)・日常生活・余暇活動を大きな柱として、利用者一人ひとりのニーズにあった支援を行っています。

理事長挨拶

ごあいさつ
「社会福祉法人 林檎の里」は、発足から20年となります。
地域社会は今、人口減少、少子高齢化の進行、家族生活の変化、価値観の多様化が進み、生きづらさ、暮らしづらさを抱える人々が増えています。特に様々な障害をお持ちの方々は、家族も含め、困難を抱えながら、頑張っておられます。
私ども社会福祉法人は、人権の尊重、様々な障害のある方も、人間らしく生きることができる権利を大切にしたいという思いから、利用者の皆さんの日常生活を支援しています。「自閉症支援施設あおぞら」をはじめ5か所のグループホームと1か所の日中活動支援センターを運営しています。
今年から、新たな10年、20年を展望し、法人の事業を一層充実、発展させていこうと思っています。
利用者さんたちは、支援員(職員)の人間力に支えられています。職員の皆さんにとっても、生きがいと誇り、働きがいのある職場にしていくためにも、集団の知恵と力が生かせる民主的運営を貫いていきます。

令和元年10月
寺島 渉

あおぞらはこんなところです

笑顔が溢れる明るい空間
施設長を中心とした、元気で明るいスタッフがあおぞらを支えています。笑顔溢れるスタッフと接するうちに、利用者も自然に笑顔になっていきます。
春夏秋冬、四季を感じながら過ごす
四方を自然に囲まれた場所で、四季を彩る草花に触れながら日々生活をします。
暖かな花の溢れる景色だけでなく、厳しい冬の景色も自然を感じさせてくれます。
開放的でのびのびと
きまりはあっても、窮屈じゃない。
普通の家で普通に生活するように、ここでは各個人が自分のペースで生活できるよう工夫されています。
カワイイ物に囲まれていたい
花や縫いぐるみに囲まれて、とても可愛いらしい女性利用者専用ルーム。
流行のファッション雑誌を片手に、普通の女の子達と同様にリラックスした時間を過ごしています。
一人一人のスタイルを尊重
みんなと一緒だったり、一人でゆっくり食べたり…。食事のスタイルは千差万別。
食事の量、味付けやお箸などの食器に至るまで、一人一人のこだわりを尊重しています。
あおぞらの仲間
猫の「くろ」「しろ」は利用者、スタッフみんなのアイドル。
あおぞらの大切な仲間です。

ショートステイ募集

ショートステイもご利用ください
あおぞらでは、障害を持つ方を一時的にお預かりする形で日常生活支援および日中活動支援も行っています。
サポートをするご家族の方の都合が悪い時などにご利用ください。

あおぞらのショートステイはどんな感じ?
お預かりする方がゆっくり過ごせるよう、床暖房完備のお部屋をご用意しております。
なおご利用いただくお部屋は2階となりますが、万が一の場合に備え非常用の滑り台を完備しています。

こんな時にショートステイをご利用ください。
・旅行
・病気・出産等
・冠婚葬祭
・身体的・精神的疲労
ショートステイに関するお問い合わせ
TEL.026-253-1299

施設一覧

あおぞら
障害者支援施設
自閉症支援施設 あおぞら
【定員:40名】
長野県上水内郡飯綱町大字芋川6013-6
TEL:026-253-1299
FAX:026-253-5122

あおぞら
障害者支援施設
自閉症支援施設 あおぞら 短期入所事業
【定員:10名】
長野県上水内郡飯綱町大字芋川6013-6
TEL:026-253-1299
FAX:026-253-5122

社会福祉法人 林檎の里
長野県上水内郡飯綱町大字芋川6013-6
Tel. 026-253-1299  Fax. 026-253-5122
Mail. aozora@ngn.janis.or.jp